生活費がきつい…どうする?

生活費がきつい家庭は通信費を節約!

サイトの管理者

サイトの管理者

生活費がきつい、もう少し家計を楽にしたいと思っている主婦のためのお役立ち情報サイトです。 ご質問受け付けます!Livingexpenses_0727@yahoo.co.jpへどうぞ!

特集ページ

  • 通信費は家族で削減しよう家族全員が携帯電話やスマホを持つ時代ですから、通信費もバカになりません。家族分をまるごと見直して節約しましょう。
  • キャッシングが危険な理由とは生活費の支払がきついからとキャッシングに頼っても、何の解決にもならないどころか、ますます家計が苦しくなってしまいます。
通信費は家族で削減しよう

通信費は家族で削減しよう

LINEで送る
Pocket

家族会議で節約を!

今ではスマホや携帯電話を家族みんなが持ち歩くのが普通になりました。そのために家計の中でしめる通信料の割合は10数年前とは比べ物にならないほど高くなっています。つまり、通信費は家計の中でも重要な節約ポイントになるということです。
まず通信料を見直す時は家族みんなで協力することが必要になります。「家族割」と呼ばれるプランなどがあり、家族電帯で同じ電話会社に加入するとかなりの節約になるケースがあります。家族みんなが別々の電話会社と契約している場合は、統一するといいでしょう。
また、小学生くらいのお子さんがいる場合は、課金の仕組みについてきちんと説明をして、むやみにアプリを購入したり、ゲームで課金をすることをしないようにしないといけません。端末でアプリ課金ができないように設定することができるものもあります。子どもに限らず、ネットに対して知識不足も、よくわからずに課金をしてしまっているケースが見受けられます。家族みんなで無駄な通信費やパケット代などを使っていないかどうかを見つめ直しましょう。

無駄なオプションを見直そう

携帯電話を契約するときや、機種変更をするときなどに「着メロ」や「電車乗換」などの有料サイトに3か月加入すると、機種の代金が割り引かれるなどのサービスがあります。決められた期間が過ぎた後に解約をすれば、普通に買うよりも得なのでおすすめの方法です。
しかし期間が過ぎてもサイトに加入したままにしておいて、毎月100円、200円と料金を引かれ続けてしまう人がいます。もともと興味があって加入したサイトではないので、数か月後には入ったことを忘れてしまうケースです。また一時期だけ興味があったサイトに入会し、その後興味を失い使わなくなっても、料金だけは支払い続けているということもあります。
最近は携帯料金が紙の明細で届かないところが多いので、現在どの有料サイトに入っているかわからなくなってしまっていることがよくあります。毎月100円の有料サイトに3つ入っていたら、月300円で、1年で3600円も無駄に支払いが続きます。一度すべての契約している有料サイトの確認をとって、必要のないオプションは解約するようにしまよう。

割引サービスを利用!

家族みんなで加入すると割引料金になる「家族割」や「年割」など、一定の条件を満たしただけで通信料金が割引されるサービスがあります。どの携帯会社のどのサービスを利用すれば節約になるかを考えてみましょう。また携帯会社のプランは年々新しくなっていて、その当時はいちばん得だったプランも、数年後には割高になってしまっていることがあります。自動的に安いプランに切り替われば便利なのですが、放っておけばそのままです。そこで1年に1度は加入している携帯会社のショップに行って相談してみることをおすすめします。ショップの店員さんは相談をすれば、最新のお得なプランを紹介してくれます。足を運んだだけで、一気に月数千円の通信料を節約できるかもしれません。

一人暮らしに役立つインフォ

  • 仕事の見つけ方を知ろう

    アルバイト先を探す時に職場をみつけるおすすめの方法があります。まずは「アルバイト求人サイト」へ会員登録をすることです。メールなどで希望の求人情報を送ってもらえますので、手軽ですしとても便利です。また「派遣会社」に登録することもおすすめです。希望の職場を伝えると、「短時間で勤務地も自宅近く」などの希望に沿ったアルバイト先を提案してくれます。自分でアルバイト先を探す自信がない人でも安心して職場を探せるでしょう。

    続きを読む
  • 家計簿はアプリで楽しく続けよう

    生活費がかかりすぎて家計が厳しいという主婦の方は、まず家計簿をつけることが大切です。家計簿をつける時間がないという場合は家計簿のアプリを利用するといいでしょう。レシートを撮影するだけで、家計簿が作成されたり、レシートに書かれた食材から夕食の献立を提案してくれるアプリもあります。いつも三日坊主で終わってしまうような、家計簿をつけるのが苦手な人ほど家計簿のアプリを利用してみることをおすすめします。

    続きを読む