生活費がきつい…どうする?

生活費がきついという悩みから脱出した管理人の自己紹介

サイトの管理者

サイトの管理者

生活費がきつい、もう少し家計を楽にしたいと思っている主婦のためのお役立ち情報サイトです。 ご質問受け付けます!Livingexpenses_0727@yahoo.co.jpへどうぞ!

特集ページ

  • 通信費は家族で削減しよう家族全員が携帯電話やスマホを持つ時代ですから、通信費もバカになりません。家族分をまるごと見直して節約しましょう。
  • キャッシングが危険な理由とは生活費の支払がきついからとキャッシングに頼っても、何の解決にもならないどころか、ますます家計が苦しくなってしまいます。
管理人の自己紹介

管理人の自己紹介

LINEで送る
Pocket

管理人の自己紹介です

はじめまして、このサイトの管理人をしているものです。私は東京近辺のベットタウンのUR賃貸で平凡な子どもとして育ちました。高校を卒業し、大学を卒業した後に社会人経験を経ることなく結婚をして主婦になりました。一人暮らしの経験がほとんどなかったので、結婚したてのころは光熱費がどのくらいかかるかわからずに夏場にエアコンを使いまくり電気代にびっくりしたことを思いだします。家計簿も数年間つけていなかったので無駄な支出も多く、旦那が稼いでくるお金では生活費が足りなくなることもあり、あやうく消費者金融などに手が出そうになった時もありました。
しかし子どもが生まれて旦那とも「このままではいけない」と話し合いの機会を持ち、私と旦那は変わりました。そして家計簿をつけはじめ、無駄な支出を減らす努力をし、旦那の収入はそれほど変わりませんでしたが、毎月の赤字はほとんどなくなりました。

アルバイトの経験も伝えたい

その後、子育てをしながらアルバイトを始めました。スーパーのレジ係の短時間のアルバイトから始めましたが、このアルバイトが意外な効果をもたらしてくれました。当時は子育てと家事と節約ばかりの毎日に少し心が疲れ始めていたのですが、アルバイトに行くことで社会に触れて、ふさがり気味だった心が晴れていきました。アルバイトにより収入が増えましたので、節約も「義務から楽しみ」にかわりストレスが減りました。
また社会に出て働くことで、オシャレを楽しんだりメイクをしたりする機会も増え、自分が生き生きしていく感覚を持てたことも意外な発見でした。もしも専業主婦で毎日ふさぎこんでいる読者の方がいらっしゃいましたら、参考にして欲しいと思います。

生活はきっと楽になります

現在の私は、主婦としての自分も外で仕事をする自分も大切にして、毎日が充実しています。これまで話してきたように、最初は全然ダメな主婦で、ストレスばかり多くて貯金は少ない生活を送ってきました。しかし同じような境遇の主婦の方もきっと生活を立て直すことができると信じています。まず生活を見直して、無駄な支出を極力減らすようにしましょう。家族の協力も必要になりますので、旦那さんやお子さんとも話し合ってほしいと思います。
そして短時間でもいいのでアルバイトを始めてみてください。旦那さんの収入に加えてわずかでも奥さんの収入が入ることで、徐々に家計は楽になり、心理的にも楽になっていくと思います。
このサイトでは私の経験を含め、「生活費が多くて支払いがきつい」と感じている主婦の方へ、役に立つ情報を発信していきたいと思っています。ダイエットではまず食事制限をした後に運動をして体重を減らします。家計の立て直しも同じように無駄な支出を減らした後に、アルバイトをして、健康的な家計を取り戻して欲しいと思います。
ご質問はこちらへどうぞ!→→Livingexpenses_0727@yahoo.co.jp

一人暮らしに役立つインフォ

  • 仕事の見つけ方を知ろう

    アルバイト先を探す時に職場をみつけるおすすめの方法があります。まずは「アルバイト求人サイト」へ会員登録をすることです。メールなどで希望の求人情報を送ってもらえますので、手軽ですしとても便利です。また「派遣会社」に登録することもおすすめです。希望の職場を伝えると、「短時間で勤務地も自宅近く」などの希望に沿ったアルバイト先を提案してくれます。自分でアルバイト先を探す自信がない人でも安心して職場を探せるでしょう。

    続きを読む
  • 家計簿はアプリで楽しく続けよう

    生活費がかかりすぎて家計が厳しいという主婦の方は、まず家計簿をつけることが大切です。家計簿をつける時間がないという場合は家計簿のアプリを利用するといいでしょう。レシートを撮影するだけで、家計簿が作成されたり、レシートに書かれた食材から夕食の献立を提案してくれるアプリもあります。いつも三日坊主で終わってしまうような、家計簿をつけるのが苦手な人ほど家計簿のアプリを利用してみることをおすすめします。

    続きを読む