生活費がきつい…どうする?

生活費がきつい主婦のアルバイトの見つけ方

サイトの管理者

サイトの管理者

生活費がきつい、もう少し家計を楽にしたいと思っている主婦のためのお役立ち情報サイトです。 ご質問受け付けます!Livingexpenses_0727@yahoo.co.jpへどうぞ!

特集ページ

  • 通信費は家族で削減しよう家族全員が携帯電話やスマホを持つ時代ですから、通信費もバカになりません。家族分をまるごと見直して節約しましょう。
  • キャッシングが危険な理由とは生活費の支払がきついからとキャッシングに頼っても、何の解決にもならないどころか、ますます家計が苦しくなってしまいます。
仕事の見つけ方を知ろう

仕事の見つけ方を知ろう

LINEで送る
Pocket

主婦におすすめの見つけ方

アルバイトをしようと決意をしたら、アルバイト先の求人情報を集めることになるでしょう。その情報元として、ハローワークやアルバイト情報誌、新聞の求人欄やミニコミ誌の求人情報などがあります。その中でもおすすめなのが「アルバイト求人サイト」を利用することです。
アルバイト求人サイトは、会員登録をするだけで最新の求人情報をゲットすることができるようになります。スマホを持ち歩いていれば家事をしながらでも、外出中でも最新の求人情報に目を通すことができます。人気の職場はすぐに応募者の定員に届いてしまい、応募が締め切られてしまうことがあります。このような職場にいち早く応募するためにもスマホで利用ができる求人サイトはとても便利です。
また仕事について検索をかけて絞り込みができるのも求人サイトのメリットです。「短時間だけ働きたい」「○○駅の近くで働きたい」「レジ係をしたい」などアルバイト先の職場に対する希望はいくつかあると思います。そして派遣会社に登録することもおすすめです。派遣会社に登録をして担当者に希望の職種や勤務地などの条件を伝えると、その希望に沿った職場を紹介してもらえます。もちろん紹介してもらった職場で働くことを断ることもできます。

「バイトーク」で採用祝い金もゲット!

アルバイト求人サイトの中には、求人サイトを利用して応募した職場へ採用が決まると、「祝い金」としてお金が支払われることがあります。そんなサイトの中でも最大3万円の採用祝い金がもらえることで知られている「バイトーク」がおすすめです!

バイトークから申し込む バイトークに会員登録をして希望の職場を探して応募をし、採用がきまり、初出社を果たすと「採用祝い金」をもらえる権利を得ることができます。

マイページから祝い金の依頼をすると、自分の銀行口座に祝い金が振り込まれるというシステムです。どうせ働くなら祝い金もゲットしたほうがお得です。その他にもバイトークは「先輩の声」などの口コミ情報が豊富で職場の雰囲気が分かりやすいと評判ですので、利用してみましょう。

「オールビジネスリンク」に登録しましょう!

派遣会社に登録してアルバイト先を探すという方法の場合、やはり主婦に特化している派遣会社に登録した方がよい職場を得やすいと思います。「オールビジネスリンク」は主婦向けの派遣会社です。

オールビジネスリンクから申し込む オールビジネスリンクはパートタイム型派遣では子どもが学校に行っている時間を利用してできるアルバイト先の紹介もしてくれます。

子育てのために長く仕事から離れている主婦に対しても理解がありますので、安心してアルバイトを始めることができます。また電話での対応が得意な人に向けて、テレフォンオペレーターや電話やメールの対応、データ入力などの様々なアルバイトを紹介しています。また将来的に正社員になりたい主婦の方を支援する制度もありますので利用してみましょう。

一人暮らしに役立つインフォ

  • 仕事の見つけ方を知ろう

    アルバイト先を探す時に職場をみつけるおすすめの方法があります。まずは「アルバイト求人サイト」へ会員登録をすることです。メールなどで希望の求人情報を送ってもらえますので、手軽ですしとても便利です。また「派遣会社」に登録することもおすすめです。希望の職場を伝えると、「短時間で勤務地も自宅近く」などの希望に沿ったアルバイト先を提案してくれます。自分でアルバイト先を探す自信がない人でも安心して職場を探せるでしょう。

    続きを読む
  • 家計簿はアプリで楽しく続けよう

    生活費がかかりすぎて家計が厳しいという主婦の方は、まず家計簿をつけることが大切です。家計簿をつける時間がないという場合は家計簿のアプリを利用するといいでしょう。レシートを撮影するだけで、家計簿が作成されたり、レシートに書かれた食材から夕食の献立を提案してくれるアプリもあります。いつも三日坊主で終わってしまうような、家計簿をつけるのが苦手な人ほど家計簿のアプリを利用してみることをおすすめします。

    続きを読む