生活費がきつい…どうする?

生活費がきついのは収入と支出のバランスがとれていないから

サイトの管理者

サイトの管理者

生活費がきつい、もう少し家計を楽にしたいと思っている主婦のためのお役立ち情報サイトです。 ご質問受け付けます!Livingexpenses_0727@yahoo.co.jpへどうぞ!

特集ページ

  • 通信費は家族で削減しよう家族全員が携帯電話やスマホを持つ時代ですから、通信費もバカになりません。家族分をまるごと見直して節約しましょう。
  • キャッシングが危険な理由とは生活費の支払がきついからとキャッシングに頼っても、何の解決にもならないどころか、ますます家計が苦しくなってしまいます。
収入と支出のバランスを考えよう

収入と支出のバランスを考えよう

LINEで送る
Pocket

収支バランスとれていますか?

毎日きちんと働いているし、無駄遣いをしている覚えもないのに、毎月家計が苦しいと感じている人は多いでしょう。しかしこのセリフって何かの言い訳と似ていませんか。それはダイエットで失敗している人のセリフです。毎日運動をしているし、食べ過ぎているわけでもないのに、なぜか体重が減らない。しかし体重が減らないのには理由があります。それは「運動が足りない」か「食べ過ぎている」かのどちらか、または両方です。
同じように家計が苦しい場合も「収入が少ない」か「支出が多い」か、またはその両方が原因になっています。問題なのは収支バランスがとれていないことに気づけない現状認識の甘さではないでしょうか。これを機会に「収入を増やす」または「支出を減らす」の方向に舵を切りなおしましょう。

まずは支出を見直し!

最初に取り組むことは支出を見直して、無駄な出費を減らすことです。そのためにも自分や自分の家がどのようなことにお金を使っているのか、現状を認識する必要があります。まずひとつめの方法として「家計簿をつける」ことです。会社や個人事業主の場合は当たり前のように会計係がいて、毎月の支出を勘定科目ごとにふりわけるようにしています。家庭も小さな会社だと考えて家計簿をつけるようにしましょう。
家計簿をつけているうちに「明らかに無駄遣い」だと感じる使い道が出てくるかもしれません。まずはその出費を減らすようにします。無駄遣いだと感じるものの出費をやめて、必要な出費だけに絞りこむことができたら、次は出費をいかに抑えられるかを検討しましょう。待機電力をなくすようにコンセントを抜いて電気代を抑えたり、よりやすいガス会社などに切り替えて水道光熱費を抑えるなどします。利用する会社を変更するだけで月に数千円、年間数万円節約することも可能です。

収入を増やす方法も検討

支出を減らすことができたら、収入をいかに増やすかということを考えます。主婦のみなさんの場合は、フルタイムで働くことは子育てなどの都合上難しいかもしれません。しかしパートタイムで働いたり、自宅で内職をする、ネットを使ったビジネスをするなど、収入を増やす方法はたくさんあります。
まずは情報を仕入れて、無理がなく、自分が置かれている環境と能力にあった方法でお金を稼ぐようにしましょう。ただしお子様が小さすぎたりする場合は、なかなか収入を増やすところまで余裕がないケースもあります。
収入を増やすよりも、まずは支出を減らすことを第一に考えるようにするほうが無理がありません。ある程度余裕ができてきちんと働ける状況になるまで、節約第一でいきましょう。

一人暮らしに役立つインフォ

  • 仕事の見つけ方を知ろう

    アルバイト先を探す時に職場をみつけるおすすめの方法があります。まずは「アルバイト求人サイト」へ会員登録をすることです。メールなどで希望の求人情報を送ってもらえますので、手軽ですしとても便利です。また「派遣会社」に登録することもおすすめです。希望の職場を伝えると、「短時間で勤務地も自宅近く」などの希望に沿ったアルバイト先を提案してくれます。自分でアルバイト先を探す自信がない人でも安心して職場を探せるでしょう。

    続きを読む
  • 家計簿はアプリで楽しく続けよう

    生活費がかかりすぎて家計が厳しいという主婦の方は、まず家計簿をつけることが大切です。家計簿をつける時間がないという場合は家計簿のアプリを利用するといいでしょう。レシートを撮影するだけで、家計簿が作成されたり、レシートに書かれた食材から夕食の献立を提案してくれるアプリもあります。いつも三日坊主で終わってしまうような、家計簿をつけるのが苦手な人ほど家計簿のアプリを利用してみることをおすすめします。

    続きを読む